Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

豆豆(ZUZU)のドリップ珈琲パック

 池上4丁目、六郷用水路の近くにある珈琲専門店「豆豆(ZUZU)」さんで、美味しい珈琲を飲んで来ました。2年前に珈琲好きのご主人が始めた、住宅街の中にある小さなお店ですが、天井の高さと吹抜け構造が、狭さを全く感じさせません。奥様と2人で切り盛りをしていても、広々した感さえあり、何とも不思議な空間。2階にはちょっと大きめのテーブル席があって、奥様方のお茶会には丁度良い造り。以前は外国人の方が、洋服店をやっていたそうです。帰国の為、閉店した店内を見たご主人が、一目で気に入って、即契約したのだとか。確かに洋服屋と言うより、カフェに向いてる感じがします。店内には珈琲の香ばしい香りが、ほんのりと漂っていました。

 珈琲は好きで、ほぼ毎日飲んでいますが、美味ければ何でも良い派で、こだわりも知識もないDogwood、取り敢えず「コクと香りがあって飲みやすい」ブレンドコーヒー(500円)を頂くことに。話をしながら待つこと数分、大きめのカップに注がれた珈琲と、小さくカットした羊羹が乗ったお洒落なプレートが運ばれて来ました。飲む前から「美味い!」と、つい口走るほど、光るセンスを感じました。さすが、自分の好きな事を生業にするだけありますね(道楽だとおっしゃってましたが)。かと言って気取っている訳でもなく、知識豊富なご主人が淹れてくれる珈琲と羊羹の相性が、意外と良いのに驚きました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180304164004j:plain

隠れ家的なお店です。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180304164034j:plain

今度はブレンドではなく、ストレートを飲んで「違いのわかる男(古い)」になりたいと思ったDogwoodでありました。帰りに、レジの横にあったドリップバッグのコーヒーを買って、翌日会社で味比べをしてみました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180225234536j:plain

市販のドリップパックよりも量が多い感じがします。あと、開けた時の香りが全然違うのにビックリ。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180225234718j:plain

 ブラジル、ショコラをチョイス。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180225234802j:plain

お湯を注ぐと更に芳醇な香りが、、 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180225234838j:plain

 お湯とカップさえあれば気軽に飲めるドリップパックは、種類もあって自分のような珈琲入門編に良いかも。これから色んな種類の珈琲を飲み比べしようと思います。

マスター、また教えてください!

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村