Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

今聴いても鳥肌が立つギターソロと小林君のこと

唐突ですが、Dogwoodにとって日本人3大ギタリストといえば、小川銀次(故人)、チャー(竹中尚人)、渡辺香津美の3人が真っ先に浮かびます。その中で、Dogwoodと中高の同級生で、学校内で一番ギターが上手かった小林君が崇拝していたギタリストが渡辺香津美さん。先月の「題名のない音楽会」にも出演されていました。

悪意のあるキャスティング? - Dogwoodの池上日記

 

その小林君に誘われて無理やり連れて行か いや、一緒に行った駒澤大学の学園祭のチラシが、スクラップブックから出てきました。いや~懐かしい。何年のライブかは不明だけど間違いなく30年以上前。

香津美さん若っ。そしてメンバーが豪華!全員、今も現役バリバリの超一流ミュージシャン。あと、今では考えられないチケットの値段、何と1,000円!

なぜこのチラシを今もとってあったのか、ライブの内容含めて、全く覚えていません。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190218111450j:plain

小林君の話に戻ります。

彼は当時、香津美さんの演奏を聴きに何度もライブハウスに足を運んでいて、「顔を覚えてもらった」と喜んでたっけ。ある日のこと、自慢げにDogwoodの所へきて「昨日、楽屋に押しかけて香津美さんと話をしちゃったよ!」と、ライブハウスの楽屋で録音したテープを何度も聞かされたことがありました。

香津美さん、今日は僕の誕生日なんです!あ、そのピック下さい、あと誕生日おめでとう、って言ってくれませんか?!(図々しいヤツだ)」すると、若き日の香津美さん、少し困った声で「お、おめでとう、じゃあピックあげるよ(苦笑)(なんてイイ人だ)

小林君が教えてくれたKYLYN LIVEや、格闘技セッションも良かったけれど、Dogwoodが一番衝撃を受けたのが、サポートで参加したYMOの全米ツアー、NY BottomLineでの「千のナイフ (1000 KNIVES)」という曲のギターソロ。偶然ラジカセで録音して、テープが擦り切れる程聴いたっけ

後にレコード会社と所属事務所の問題で、このギターソロの部分が全てカットされた形でリリースされたのを教えてくれたのも小林君だった。

その時のライブ音源が、有り難いことにYoutubeにあるのを偶然見つけまして。
これ、今聴いても鳥肌が立つ圧巻のソロ。早弾きや難解な指使い、複雑な奏法だけでなく、自信に満ちたブレのないフレーズの連続。ギターソロの後も(まだ曲は続いているのに)鳴りやまない客の拍手や指笛は、間違いなくアメリカ人の度肝を抜いたはず。

手前は高橋ユキヒロ先生。何年か前の池上本門寺スローライブにも来てくれました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181107000538j:plain

 中学生でラリーカールトンの「Room 335」を完コピしていた小林君でさえ、「あんなの絶対弾けねえ!」と言わしめたギターソロ。久しぶりに聴いたけど、やっぱり凄かった。

 そ小林君ですが、高校を卒業後、念願だったプロミュージシャンとなり、新宿ピットインの昼の部に出演したり、ジャズ歌手のバックメンバーを務めたり、アルバムも1枚出したり、これからという矢先の1990年3月30日、病気のため26歳の若さで逝去。お通夜で世田谷区弦巻の実家に行った日も冷たい雨が降っていたっけ。

 

中学3年の時だったか、彼が書いてくれたジミヘンの「Purple Haze」イントロのタブ譜は、今も実家のどこかにあるかもしれない。その続きは、自分があの世へ行ったら教えてもらおう。英一、その時はまたヨロシク。


お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村