Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

サンド―のカフェ「SAND°」でサンドを食べた!

池上本門寺通り商店会入り口で80年以上続いたパン屋「栄屋ベーカリー」が閉店して2年半。同じ場所に出来たマンションの1階に新しく「SAND°(サンド)」というカフェが出来ているのに気付いたDogwood 、早速翌日のランチに妻と行ってきました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190526222702j:plain

 

こちらは、Dogwood家も長いことお世話になった栄屋ベーカリーさんの記事。

レジの横にあったCDサイズの無料広報誌「HOTSAND°」創刊号と、お店のカードを記念に頂いてきました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190526121359j:plain

 明るい店内は、木を中心とした内装で清潔そのもの。ちょっと使い込んだ感のある床の古木材は、栄屋ベーカリー時代のものでしょうか。ピカピカの新築ながら、所々に懐かしさを感じさせる雰囲気がオシャレ。キッチンを中心に、カウンター席がぐるりと囲む斬新なデザイン。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190526120814j:plain

カウンターとは別に、ひとつだけあった6人掛けの長テーブルが空いていたので、そこに座ることに。 

妻はカフェラテ(550円)と、ハニーバタートースト(400円)。Dogwoodはコーヒー(500円)とサラダサンド(550円)を注文。すべて「おためしフードメニュー」から。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190526120712j:plain

うん、どれも美味しかったです。先の「HOTSAND°」を読みながら食べたので、こちらもトーストしてくれたら「ホットサンド」繋がりで、さらに良かったかなと。(無理やり挟むなっての)


ところで、このお店の母体となっている「WEMON PROJECT」というのは、池上エリアのイノベーションプロジェクトの一環として、大田区や東急電鉄と協力して取り組んでいる活動のよう(たぶん)。2年前に朗峰会館で見た「リノベーションまちづくりのアイデア大発表会」も、確か東急電鉄の主催。その時の発表会では、このカフェのプレゼンは無かったけど、恐らくそんな活動が実を結んだのではないでしょうか。

まちづくりのアイデア聴いてきました! - Dogwoodの池上日記

 

(Dogwoodからしてみればかなり)若い人たちが100年後の池上の未来を考えて始めたプロジェクト「SAND°」は、ロマンと希望が溢れて輝いて見えました。

お店の紹介文に「マルチユースインフォメーションセンター」とありましたが、クリエーター集団だけに、横文字が多いのはご愛敬?

そのうち同じ「WEMON」を冠した、すぐ裏手にある酒処「善右衛門」ともコラボしてほしいなと。ここの客層をも取り込むことが出来れば、もう成功間違いなし。

えっ、何言ってるかよくわかんない?
つまり、アーティスト、WEBデザイナーとかクリエイターとか世間で言う「ギョーカイのヒト」とは無関係な人(違ったらゴメン)でも、気楽に立ち寄れる雰囲気のお店がいいな、、っていうこと。

 

何はともあれ、開店おめでとうございます。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村