Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

The Whoopsというバンド その2

 先週、人生初めての浦和(大げさな!)タワーレコード浦和店で荒川ケンタウロスのインストアライブを見てきたDogwoodです。

浦和と言えば、昨年8月に千葉のライブハウスで見た3人組ロックバンド「The Whoops(ザ・フープス)」の地元だったはず。ホントは北浦和だったっけ?

店内の目立つ売り場に、彼らのコーナーがあるのを見逃しませんでした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190723193750j:plain

なんと彼らの曲が、短編映画「内回りの二人」のエンディングテーマに使われて、昨年の「MOOSIC LAB」というイベントで準グランプリを受賞したのだそう。

そんな彼らのフルアルバム「Time Machine」が、先月リリースされたばかり。

もちろん1枚購入しました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190723194656j:plain

 当ブログでも書いているけど、The Whoopsはギター、ベース、ドラムのシンプルな構成ながら、切ない歌詞と張りのあるギターサウンドが印象的なバンド。メインボーカルはギターの宮田さん(男性)なのに、映画のエンディングテーマ「SODA」を歌っているのは女性ベーシストの森ちゃん。ポップかつハードな中々いい曲でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190723193908j:plain

その短編映画「内回りの二人」の上映イベントが、来月8月2日に渋谷のライブハウス「ロフト9」で行われるのだとか。さらに出演者によるトークショーやThe Whoopsも参加するミニライブも。これは行ってみたくなるイベントではないですか。今通っている職業訓練の最終日と重なってるけど。

The Whoopsというバンド - Dogwoodの池上日記

千葉LOOKでライブ三昧! - Dogwoodの池上日記

下北沢には彼らのこんな大きな看板が出ているのだそう。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190724100614j:plain

 浦和での荒ケン同様、小さなライブハウスで見たり、手渡しでCDを買ったバンドが売れていくのは、他人事ながらウレシイものなのです。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村