Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

「木の根っこ」が止まらない?

唐突ですが、「待ちぼうけ」という唱歌をご存知でしょうか?

北原白秋作詞、山田耕作作曲の1924年(大正13年)に発表された満州唱歌の一つ。

その昔、Dogwoodが小学校に入学してすぐ、小さな歌集を渡されて全校生徒が授業前に校庭で歌う習慣がありました。そして忘れもしない「待ちぼうけ」を歌った日、同級生のカトウ君とハマりにハマったのが、歌詞の最後の「木のねっこ~」の部分。「のらかせぎって何?」「なぜウサギが飛んで転げる?」「そもそも何を待ってるの?」そんな意味も分からず、この短いフシギな歌の「木のねっこ~」だけ大声で歌っては、笑いが止まらないループに突入したDogwoodとカトウ君の2人は、全校生徒の見守る中で、担任のK田先生にこっぴどく叱られたのでありました。

あれから半世紀。ここ最近、お山(池上本門寺)の周りを歩くたびに、再びこの歌が頭にヘビロテしてしまうDogwoodでありました。笑いはしませんよ、もちろん。

だって「木のねっこ」だらけなんですもん。

この辺りは記憶に新しいですね。木のねっこ~♪

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190918152117j:plain

これとか、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190925224003j:plain

あれとか。木のねっこ~♪

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190918152415j:plain

 切られてしまったけど。これも、木のねっこ~♪

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190918170924j:plain

 近寄っても、木のねっこ~♪

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190925224235j:plain

古いヤツもたくさんありますよ。木のねっこ~♪

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190918151955j:plain

妙見堂に向かう道にも、木のねっこ~♪ の2連発!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190925225057j:plain

手前の根っこと、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190925225259j:plain

向こう側の根っこ。ほーら、アナタも「待ちぼうけ」のループが止まらなくなってきたのでは?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190925225320j:plain

どれも道にはみ出ているけど、飛んでころげた人はおろか、兎だって見た事ありません。

何であの日、あの歌の「木の根っこ」だけで腹がよじれるほど笑ったんだろう。松沢小学校の4年生まで一緒だったカトウナルキ君、今も元気かな。Dogwoodは、5年生の時に桜丘小学校へ転校したのでありました。

 

1.
待ちぼうけ、待ちぼうけ
ある日せっせと、野良稼ぎ
そこに兔がとんで出て
ころりころげた 木の根っこ

2.
待ちぼうけ、待ちぼうけ
しめた。これから寝て待とうか
待てば獲物が驅けてくる
兔ぶつかれ、木のねっこ

3.
待ちぼうけ、待ちぼうけ
昨日鍬取り、畑仕事
今日は頬づゑ、日向ぼこ
うまい切り株、木のねっこ

4.
待ちぼうけ、待ちぼうけ
今日は今日はで待ちぼうけ
明日は明日はで森のそと
兔待ち待ち、木のねっこ

5.
待ちぼうけ、待ちぼうけ
もとは涼しい黍畑
いまは荒野(あれの)の箒草(はうきぐさ)
寒い北風木のねっこ

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村