Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

テレワークの思ひ出?

今回の新型コロナウイルスがもたらした、数少ない「良かったこと」のひとつが、日本では中々定着していなかった「在宅勤務」ではないでしょうか。これを機に、一気にテレワークが加速するのではないかと期待する今日この頃です。

 実はワタクシDogwoodも、今から2年前に妻が入院したのをキッカケに、7ヶ月間ほど在宅勤務をしていたことがありました。当時働いていたのは本社が米国にある、いわゆるグローバル企業でありまして、普段からテレワークが当たり前の会社。上司(大ボス)はサンノゼ本社にいるアメリカ人、同僚にはミネソタの山奥や、中国大連の自宅でひとりで仕事をしている者もいて、パソコンとヘッドセットにネット環境さえあれば、会社に行かなくてもメールと電話会議で事が足りるという部署でした。当然タイムカードなんてものも無く、パソコンを立ち上げた時間とログオフした時間で出退勤が記録されるという、わかりやすいシステムでした。

 

電話会議の時間や、報告書の提出期限を守ってさえいれば、それ以外は買い物に行こうが映画を観に行こうが問題無し(就労規則上はダメだろうけど、、申告もしなければチェックもされなかったので)。ワタクシDogwoodも、よく平日の空いた時間に雪谷の区営プールへ泳ぎに行ったっけ。今となっては、その会社辞めちゃったから言えるんだけどね。

今年の夏、よく行ったところは? - Dogwoodの池上日記

自由な時間が増えたし、会社で嫌な奴に会うこともない。家族揃って夕飯を食べられるし、大雨や台風でも出勤の心配もない。何よりも、通勤に往復で3時間以上かけていたのが、バカらしくなったのを覚えています。

 

そう、テレワークを始めてから約半年間は。

 

 まあ、当然これには個人差もあるし、業種や職種、もしくは環境によっても違うので一概には言えないけれども、少なくとも自分には「飽きちゃった」という、なんとも贅沢な悩み(というか正直な気持ち)が湧いたのも事実でありまして、その他にこんなのも。

 

家に自分の部屋がないので、電話会議の時に余計な気を使うこともしばしば。そう、リビングで家族にひんしゅくを浴びたり、プレゼン中にプー丸が吠えたりとか。

 

近所の人に「平日にヒマこいてる無職のオッサン」と思われたのか、町会の役員を頼まれたり。(これ、昨年の「本当に無職だった」長-い時期にも何度かあったっけ)

 

ところで先月、今働いている職場の近くの駅で見かけたこのポスター。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200421203550j:plain

 たぶん言いたいことは「コロナ感染が怖くてテレワークしてんのに、書類提出のために出社する?アホちゃうか?」なんだろうけど、中にはワタシと同じようにテレワークに「飽きちゃった」人が、何かしら理由を作って出社しちゃうってことも、中にはあるんじゃないかなと。昭和生まれの古い考えかもしれないけど、大事なことくらいは「直接会って話をする」気持ちでいないと、本当の信頼関係なんて出来ないんじゃないかと思うのです。(あれ?良いこと言った?)

 

結局、約7ヶ月間のテレワークに飽きたDogwood、その後会社に出社することなく、2年ごとにある早期退職キャンペーンに乗っかって、2018年に人生2度目の早期退職を選択したのでありました。めでたしめでたし。

 

じゃなかった、、

 

緊急事態宣言がさきほど解除になったけれど、明日から電車が混むのは嫌だなぁ。

在宅勤務の皆さん、これからも飽きない程度にテレワーク継続をお願いしやす!

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村