Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

養源寺で「初夏の風に乗って」きた!

 縁があって、ある方からチケットを2枚譲って頂き行って来ました。Iさん、ありがとうございました!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629201041j:plain

 呑川沿いの養源寺で行われた「初夏の風に乗って」コンサート。 

手作り感あふれるチケットがイイ感じ。今年で9回目(9年目)を迎えたのだそう。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629180118j:plain

 クラッシックギターの大御所、小川治夫先生とそのお弟子さん、さらにNHK交響楽団のメンバーによるコンサート。こちらは会場に貼ってあったフライヤー。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629180059j:plain

養源寺が表紙に描かれたA5サイズのプログラム。アンケートと一緒に会場で頂きました。あとペットボトルのお茶も1本。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629220048j:plain

プログラムの裏面には小川センセイをはじめ、演奏者の輝かしいプロフィールが。そんなプロの演奏をお寺で、しかも数メートルの距離で拝見&拝聴できるとはウレシイ限り。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629201549j:plain

 こちらがプログラムにあった演奏曲目。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629201604j:plain

本堂には、100人程のお客さんでほぼ満席状態。

クラッシック音楽にめっぽう疎いDogwood、聴いたことのある曲が何曲かあったけど、知っていたのは最後の曲、サンタナの「哀愁のヨーロッパ」とアンコールのジプシーキングの「ボラーレ」の2曲だけ。それでも素晴らしい演奏が続き、2時間があっという間に過ぎました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629181305j:plain

 右端の帽子の方はパーカッション奏者の人。演奏者リストには載ってなかったけど、いい味出してましたね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190629182103j:plain

 小川センセイは、MCで「哀愁のヨーロッパ」は大好きな思い出の曲だとおっしゃってましたが、Dogwoodも学生の時、サンタナの「ブラックマジックウーマン」「ホールドオン」が好きだった時期がありまして。確か、軽井沢でジェフベックとライブをしたことも。

クラシカルなアレンジで、あの名曲がこうも大きく雰囲気が変わるものだと感動しきりでありました。さすがにセンセイはエレキギターなんか弾かないんだろうな~。

次回、もし可能ならゲイリームーアの「パリの散歩道」をクラッシック風アレンジで演奏して頂けると、もう感動のあまり失神してしまいそうな予感がするDogwoodでありました。

GARY MOORE パリの散歩道 - YouTube

 養源寺のあじさい祭りとあじさいロードへ! - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村