Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

音楽関連

池上会館に噴水があった?

昨日、池上会館屋上展望台からの景色を載せましたが、その時の写真を撮影したのが、赤い矢印の辺り。池上で最も標高が高い場所です。 そこから西の方角を見下ろすと、なにやら不思議な形をした場所が。 煉瓦を並べた不規則な段差と金属のパイプが。もう何年…

蒲田は今日も70年代だった、、

蒲田から池上まで歩いた日にわかったこと。 蒲田は70年代が似合う街でした。その理由をいくつかご紹介します。 オーナーの名前は岸部さん? ザ・ハンダースの金造さん、今は工務店の社長さんに?って、1文字違うってば。 ビートルズの出身地が呑川沿いに? …

荒川ケンタウロス Talk Live「天文学的少年 Vol.3」

マッキー逮捕の翌日、いやバレンタインデーの翌日、阿佐ヶ谷のライブハウスLOFT Aで行われた、荒川ケンタウロス(以下荒ケン)のトークライブ「天文学的少年 Vol.3」に行って来ました。池上を10時過ぎに出て1時間弱で会場に到着。阿佐ヶ谷が意外と近かったの…

2020 軽井沢 春の音楽祭リーフレット

数週間前に軽井沢大賀ホールから届いていた封筒のことを、すっかり忘れていたDogwoodです。開けると、中に入っていたのは毎年この時期に送られてくる「春の音楽祭」のリーフレット。今年は大賀ホール開館15周年なのだそう。 今年2020年の春の音楽祭は「東フ…

スモーキン・ブギとゴミの話

初めて試したタバコが、ショート・ピース~ ♪ ではなくて「テンダー」だったDogwoodです。 親父のマネして気取って吸ったワケでもありません。 高2の時、当時ニコチンとタールの量が一番少なかったという理由で買いました。親父は吸わなかったけど、祖父が「…

RUSHのドラマー、ニール・パート氏が逝去した話

タイトルからご判断頂き、ご存知無い方はここでスルーして頂いて結構です。 サンフランシスコに住む友人A氏からのラインを見て、一瞬思考が停止したDogwoodです。メッセージにはこう書かれていました。「I am so sad to hear that Neil Peart passed away..…

祝!CDデビュー!

あっ、もちろん私ではありません(笑)。人気急上昇中の某アイドルグループの話です。 あれ?ジ〇ニーズネタはブログに書かないんじゃなかったっけ(汗)? 昨年、とある番組に出演した、次男の小学校時代の同級生「Mクン」のことを書いた途端、「不愉快だか…

荒川ケンタウロス、ライブ@西国分寺!

行ってきました、11月30日。荒ケン初のホールワンマン「Good luck Kokubunji」と銘打った、バンド結成10周年の記念ライブ。 池上を16時頃出て、五反田で乗り換え、新宿経由で西国分寺駅に着いたのが17時半ちょい前。意外と時間がかかったけれど、開演は18時…

今週は荒川ケンタウロスのホールワンマンライブ!

2016年から始めたこのブログ日記、池上や蒲田、軽井沢など地域ネタの他に、好きな音楽のことも書いていますが、ブログを始める数年前からハマり出したのが「荒川ケンタウロス(以下荒ケン)」という5人組ロックバンド。当ブログで音楽ネタの半分以上は、荒ケ…

「国分寺ぶんぶんチャンネル」に荒ケンが!

ことあるごとに、このブログで紹介している「荒川ケンタウロス」。知名度はそれほど高くないものの、心をグッと掴むメロディと、ジワジワくる歌詞がクセになる、実力派の5人組ロックバンド。今年6月に3枚目のフルアルバム「情熱の船」をセルフリリースし、8…

踊ってばかりの国?

唐突ですが「踊ってばかりの国」をご存知でしょうか? サルサとかサンバで有名な国?、ならばキューバとかブラジルのこと? いや、そうではなくて、5人組のロックバンドの名前です。 以前、荒川ケンタウロスのラジオ番組「Radioケンタウロス」で流れた曲が「…

追悼 Mr. Bruce Bickford

昨日に続き、友人A氏(ゲディ・リーの楽器本をくれた人)関連の話をもう1つ。 このブログを始めた年、2016年2月に白金のアートギャラリー「山本現代」へ行った記事を書きました。そこでは、A氏が長年一緒に仕事をしてきた 奇人変人、いや天才芸術作家のブル…

What a wounderful souvenir !!

いきなり英語タイトルですみません。今回だけお許し下さい。 先月から日本に来ている友人A氏から貰った、信じられないお土産に驚愕しているDogwoodです。自称「サンフランシスコのオタク」が、ニヤリと笑いながら「ハイ、コレ」と渡してきたモノ。えっ?ナニ…

「木の根っこ」が止まらない?

唐突ですが、「待ちぼうけ」という唱歌をご存知でしょうか? 北原白秋作詞、山田耕作作曲の1924年(大正13年)に発表された満州唱歌の一つ。 その昔、Dogwoodが小学校に入学してすぐ、小さな歌集を渡されて全校生徒が授業前に校庭で歌う習慣がありました。そ…

The Whoops ワンマンLIVE@下北沢BASEMENT BAR

当ブログで2回に渡って紹介した、北浦和発の3人組ロックバンド、The Whoops(ザ・フープス)。昨年末、映画祭で受賞した短編映画「内回りの二人」のエンディングテーマに使われたり、今年6月には3年振りのフルアルバム「Time Machine 」をリリースしたりと、…

透明になったあなたへ(ナードマグネット)

Dogwoodが今年買った3枚目のCDが、大阪発4人組の社会人ロックバンド「ナードマグネット」が、3年振りにリリースした2ndフルアルバム「透明になったあなたへ」。 秋葉原のヨドバシカメラへ行きついでに、7階のタワーレコードで買ってきました。 きっかけは、…

今年(2019年)のスローライブを勝手に振り返ってみた!

結局、今年の池上本門寺でのスローライブは、初日の夜に高野寛、KIRINJI、オリジナルラブのステージを見て、お腹一杯になったDogwoodでありました。それだけアラフィフの、いやベテランアーティストの円熟した素晴らしい歌と演奏に十分満足してしまったのと…

土曜の夜はラジケンを?

(ラジオDJ風に)8月最後の土曜日を、皆さんはどのように過ごされましたか? Dogwoodは、スローライブ2日目の大橋トリオの演奏を聞きにお山へ、、ではなくて、家でエフエム静岡(通称K-MIX)で毎週土曜の夜8時30分から放送されているRADIO KENTAUROS(レディ…

令和最初のスローライブ初日!

何にでも「令和初の」をつけたがるDogwood です(恥)。 8月30日の小雨降る夕方、スローライブ初日に行って来ました。開演時間より20分ほど早く会場に着くと、すでにステージではオープニングアクトの最後の曲が終わろうとしていました。その後、セッティン…

スローライブの会場は!

ここ数日、当ブログのスローライブ関連記事へのアクセスが増えているようでして、ようやくそれまで不動の首位だった「ジャ〇ーズの某タレント記事」(現在は非公開)を抜くほどに。相変わらずファン(?)からディスられてるけど、完全スルーで。 ブログのポ…

池上祭りに行ってきました!

軽井沢への日帰り旅から帰ったのが、土曜日の夜遅く。本当は一泊したかったのですが、翌日に行われる「池上祭」のために帰ってきました。日曜のお昼過ぎに行けばいいかなと思いながら、タイムテーブルを見てビックリ。原田真二さんの出番は、なんとほぼ朝イ…

第17回 池上祭は8月25日!

すみません、今日はローカルネタを手短に。 第17回「池上祭」は今週の日曜日です。池上会館前の野外ステージには、今年も原田真二さん、大田区ご当地バンドの、ノットフリーが出演します。 他にもイベントが盛りだくさん。アジア各国の屋台もおススメです。…

Slow LIVE'19 vs 7年前のチラシ対決!

昨日は失礼しました。本日から通常モードに切り替えていきます。 池上本門寺横の桜広場で毎年3日間行われる「Slow Live in 池上本門寺」が近づいてきました。今年のライブのチラシ(フライヤーとも呼ぶそうな)を見ると、3日間とも豪華な出演者ばかり。老舗…

荒ケンとぐみてゃん、調べてわかったスゴいこと?

昨日、荒川ケンタウロス(以下荒ケン)の渋谷O-NESTでのワンマンライブに行った感想を書いたのですが、ゲストで登場した女性「ななせぐみ」さんのことは、失礼ながら何も知らなかったDogwoodでありました。新譜「情熱の船」に収録のコラボ曲「Don't let me d…

荒川ケンタウロス 「情熱の船」レコ発ライブ@TSUTAYA O-NEST!

世間ではお盆休みの真っ只中、渋谷道玄坂のライブハウス TSUTAYA O-NESTに行ってきました。荒川ケンタウロス(以下荒ケン)の結成10周年&「情熱の船」リリース東阪ワンマンツアーの初日に向けて、CDを毎日聴いてきたDogwood夫婦が楽しみにしていたライブ。 …

国分寺市報の表紙に、あのバンドが!

先月、4年ぶりの新譜「情熱の船」をリリースしたロックバンド「荒川ケンタウロス」が、国分寺市の観光大使に任命された記事を書いたのが1週間前のこと。 その国分寺市が毎月発行している市報「国分寺」(そのまんまやん!)8月号の表紙に、荒ケンの写真と一…

The Whoopsというバンド その2

先週、人生初めての浦和(大げさな!)、タワーレコード浦和店で荒川ケンタウロスのインストアライブを見てきたDogwoodです。 浦和と言えば、昨年8月に千葉のライブハウスで見た3人組ロックバンド「The Whoops(ザ・フープス)」の地元だったはず。ホントは…

観光大使対決?国分寺市 VS 大田区!

当ブログで勝手に宣伝、いや応援しているロックバンド「荒川ケンタウロス」。先週リリースされたCD「情熱の船」を買い、インストアライブを浦和で見てきたばかり。そんな荒ケンが、なんと昨日のYahooニュースに載っているではありませんか。見出しは「荒川ケ…

荒川ケンタウロス インストアライブに行ってきました!

当ブログでも何度か紹介してきた、国分寺で結成された10年目のロックバンド「荒川ケンタウロス」。7月17日に発売された、初セルフプロデュースによる4年ぶりのニューアルバム「情熱の船」を買うために、浦和のタワーレコードまで行ってきました。やって来ま…

荒川ケンタウロス「情熱の船」が7/17に発売!

2009年に国分寺で結成されたロックバンド「荒川ケンタウロス」(以下荒ケン)。このブログでも何度かライブに行った記事を書いていますが、振り返ると4年前にたまたま通勤電車の中で聴いた「ハンプティ・ダンプティ」という曲に衝撃を受けて以来の付き合い(…