Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

Char Live at 昭和大学 上條記念館!

土曜日の雨が降りしきる午後3時過ぎ、池上駅から東急池上線で約12分の旗の台へ行って来ました。駅を降りて左折、商店街の先に見える大きな建物は昭和大学病院。妻がここに2週間近く入院したのがちょうど1年前のこと。何度も歩いたこの通りは、少し懐かしい気も。ただ、1年前はどんよりと暗い気持ちで歩いた道が、この日は雨でも心晴れやか、ウキウキ気分(死語)なのでした。

病院シリーズその5 無事退院しました! - Dogwoodの池上日記

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004353j:plain

 そう、この日は昭和大学病院ではなく、中原街道沿いに新しく出来た、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004500j:plain

 昭和大学上條記念館!大勢の人が入場しているところでした。近いっていいなぁ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004745j:plain

誰かのお葬式?いえいえ、奥に見えるのは昭和大学創立者の上條先生 (たぶん)のお写真。後ろ姿で葬式に見えたって?まぁ、確かに年齢層は高かった(笑)そういうオマエもな。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004802j:plain

 そうです、Char様のライブに来ました。フェンダーの社長さんからお祝いのお花が。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004821j:plain

 今年4月に竣工したばかりの上條記念館。そのグランドオープン記念公演1日目のチケットをゲットしていました。物販でSmoky タオル 1500円を購入して2階席へ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616004834j:plain

 会場のキャパは1階、2階席合わせて639席と手ごろな広さ。2階の最後席でしたが、ステージまではこの距離。双眼鏡が無くても良く見えました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616005044j:plain

16時にライブはスタート。メンバーは毎度おなじみの、古田たかし(Dr)、澤田浩史(B)、Dr.kyOn(Key)というベテラン揃い。ステージ下手(左端)から出て来たチャーは、そのまま舞台を通り過ぎて右端に消えるというボケをかまして余裕の登場。ヤマハのアコースティックギターL51を手に椅子に座ると、NHK「みんなのうた」にも使われた「OSAMPO」でスタート。お隣の戸越銀座出身のチャーにとって旗の台は、まさにお散歩圏内。MCでも「目をつぶっても帰れる距離」とか、歌詞にアドリブで池上線の駅名を挟んでくるところがもうホーム感。約1時間のアコースティックセットはSmokyを最後にあっという間15分の休憩を挟んでの第2部は、音量倍増のエレキセット(呼び方正しい?)。フェンダームスタングを手に「TOKYO NIGHT」でスタート(ワタシの記憶では。違ってたら後で修正)。1階席のお客さんは1曲目から総立ち状態に。2階席は、皆さんご着席。

途中で「偶然近くを通りがかった」というゲストも登場して、3曲ほどセッション。偶然にしては、ちゃんとアンプにエフェクターがセッティングされてたけど(笑)

定番のSinin' You, Sinin' Day あたりからDogwoodも立って盛り上がっていました。後ろを気にすることがないので全然オッケー。名曲Smokyはアコースティックとエレキバージョンの両方聴けたのもラッキーでした。アンコールが終わって客電がついたのが19時前。Tシャツは汗びっしょり。2階席は1階の人の熱気が上がってくるのか、とにかく暑かった~!

会場の外に出ると、振り続いてる雨がTシャツを心地よく乾かしてくれました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616005122j:plain

 旗の台駅まで歩きながら思ったのが、、

あのゲスト、誰? 

し、し、し、知らんのかい!誰か教えて。

大人のミニフェス Slow Live '19 in 池上本門寺は、、 - Dogwoodの池上日記

 ずぶ濡れで家に着くと、物販で買ったタオルが、早速役に立ってくれました。16番って何の意味?誰か教えて~。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190616151012j:plain

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

池上駅と本門寺のXX?

駅ビルの新築工事が着々と進行中の池上駅。 先月、駅前のコンビニから見えたオレンジ色の重機は、巨大なクレーンの土台部分だったことが後からわかりました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615132028j:plain

 その後しばらくして、お山(池上本門寺)の東側にある池上会館の屋上から駅方向を見ると、始めの頃はクレーンは1台だけだったのですが、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131811j:plain

 あれれ、いつの間にかクレーンが2台に増えてる。目の錯覚でも、画像の加工でもありません。でも、シンクロしてるように見えるでしょ?コレ、何かに似てるんだよなぁ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131737j:plain

 別の日に、駅の方へ行ってみました。バスの向こうが池上駅。線路を挟んで巨大なクレーンが2台ありました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131855j:plain

 下から見上げるとすごい迫力。どうやってあそこ(操縦席)に登るんだろうか。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131913j:plain

 そしてまた池上会館の屋上へ。あっ、あれは、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131721j:plain

そうだ!! 思い出した!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615205047j:plain

 これだ!

 数年前に、「踊る授業シリーズ」が流行った2人組ダンスユニット、エクスプロージョンの「本能寺の変」覚えてます?ご存知ない方はYoutubeで検索を。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190615131953j:plain

 本能寺の変かぁ、、いや、あっちは京都。で、こっちは池上の本門寺のあたり(辺り)だから、もういっそのこと、、

 

本門寺の辺?でいいんじゃね?

ダメ?それは失礼しました。 

そう言えばあの2人最近見ないなぁ、と思っていたら、

片割れの人、昨年傷害容疑で書類送検されとるやないかーい!

活動停止のようだけど、本能寺の変で、いや「本門寺の辺」で再起してみてはどうだろうか。ダメ?やっぱり?

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

大人のミニフェス Slow Live '19 in 池上本門寺は、、

毎年恒例だった池上本門寺の「100万人のキャンドルナイト」、今年は山門不幸もあって中止。お山での催し物も、6月の梅雨入りと一緒にひと段落となりました。次の大きなイベントは、なんと言っても8月の終わりに開催される大人のミニフェス「Slow Live '19 in 池上本門寺」ではないでしょうか。ということで、ホットスタッフプロモーションのページを覗いてみました。

既に、スローライプ専用のページが出来ていて、現時点でわかっている出演者の情報が載っていました。今年は8月30日(金)から9月1日(日)までの3日間かぁ、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190614200937j:plain

なんと今年は、金沢と軽井沢でも大人のミニフェス「Slow Live」が開催されるのだとか。金沢は9月21日(土)北國新聞赤羽ホールで、軽井沢は9月22日(日)大賀ホールで。

出演者は、両公演ともORIGINAL LOVE(アコースティックセット)と持田香織となっていました。それぞれお近くの方は是非!

さて、Slow Live '19 in 池上本門寺に戻ると、現在の出演者(第5弾)が発表されていました。

8月30日(金)ORIGINAL LOVE、KIRINJI, 高野寛、オープニングアクトあり

8月31日(土)大橋トリオ、持田香織、SALYU,Kan Sano, Rei, and more

9月1日(日)和田唱、木村カエラ、平井大、安藤裕子、Permenents, and more 

Dogwoodは初日に行こうかな。高野寛はTodd Rundgrenの曲を演るはず。

でも、

あれれ?

各日とも and more となってはいるものの、

今年の出演者にCharの名前は無し。

チャーさんよ、池上を見捨てたか、、2017年以来、池上に来ないじゃん

でも、こればかりはどうしようもない。それならば、、

「来ぬのなら 会いに行きます 竹中さん」なんだそれ?

 

はい、明日6月15日、昭和大学上條記念館 グランドオープン記念公演に出演するCharのLiveに行ってきます。

明日の天気は大雨の予報だけど。長靴履いて行こうかな。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190614204750j:plain

 チャーのライブチケットをゲット! - Dogwoodの池上日記

ニッポンChar,Char,Char!だった週末!? - Dogwoodの池上日記

池上本門寺スローライブ初日行ってきました! - Dogwoodの池上日記

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

イマドキの図書館って?

昨日の図書館つながりのネタです。あっ、落語家はネタではなく「根多」と書くのだとか。前に読んだ立川談春の著書で知りました。

 ところで突然ですが図書館で本を借りて来た後は、どうしてますか?すぐ読むに決まってんだろって?まぁそうなんですが、その前に何かひと手間かけませんか?

Dogwoodは、殺菌効果のあるシートで、表紙をささっと拭いてから読んでいました。決して自分を潔癖症だとは思ってないのですが、ある日鼻をホジホジして、さらに舌でその指をペロリしながらページをめくるオジさんを図書館で見てしまい、それ以来表紙だけでも拭くようになりました。あと、足の裏をポリポリ掻きながら読んでた人もいたなぁ。池上図書館の居心地が良すぎるのか、皆んな悪気は無いのだろうけど、、、

そんなクレームが多かったのかどうか知らないけれど、最近見つけたのが受付前にある「本を殺菌消毒するマシン」。「書籍消毒機」というのだそう。

 

早速使ってみました。小型ワインセラーのようなチャンバーのドアを開け、本を逆さまに開いた形でバーに吊るしてスイッチオン。中ではブルーライト(紫外線?)を当てられた本のページが風に吹かれてワサワサと約1分。どれだけ菌やホコリが減ったかを知る術はないけれど、ジトっと感じた本がサラサラ爽やかに(個人の感想です)。潔癖症の方だけでなく、ホコリアレルギーの方にもおススメかと。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190508221548j:plain

 あと、ショーケンの自伝本を借りた時に使ったのが、家のパソコンで大田区図書館のページにログインし、読みたい本を検索して予約すると、最寄りの図書館に届けてくれて、メールで教えてくれるという便利で親切なシステム。えっ、そんなの前から当たり前だって?

ショーケンの自伝本が凄い! - Dogwoodの池上日記

 
しかし、イマドキの図書館ってスゴイ!
来年完成する新しい駅ビルに、池上図書館が移転する計画がありますが、その頃にはさらに進化していそうな気がするDogwoodでした。

池上図書館で借りた本2冊! - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

 

「志の輔の背丈」を読んでみた!

 一昨日書いた自己満記事、トッド・ラングレンとカシム・サルトンの関係を立川談志と志の輔に例えたところ、予想通り「何言ってるかわかんない」の声が。それは大変失礼しました。要は音楽と落語、ジャンルや国籍が違えど、強い絆で結ばれた師弟関係は世界共通だと言いたかっただけで。

あと、最近は立川談志を家元とする立川流一門(談志、志らく、談春)の著書を、立て続けに図書館で借りて読んでおりまして。きっかけは数年前、嵐の二宮和也が若き日の立川談春役を演じた「赤めだか」。立川流への入門から二つ目昇進までの苦難と葛藤の様子が描かれていて、談志役にビートたけし、志の輔役に香川照之、志らく役に濱田岳など、豪華な俳優ばかりで話題になったスペシャルドラマ。宮川大輔(立川関西役)もいい味出してたな。ただ、アノ俳優「A」がやっちまったせいで、再放送は当分ダメかも。

赤めだかと違和感の話 - Dogwoodの池上日記

 談志、談春、志らくと読んできたDogwood、今回は立川談志の弟子の中でも「最高傑作」と言わしめた立川志の輔の著書「志の輔の背丈」を借りてみました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190424124230j:plain

 「落語家の本は、面白くないワケがない」という、Dogwoodの勝手な法則は今回も間違っていませんでした。過去、毎日新聞に連載していた短編エッセイをまとめた本だけど、その中でもやっぱり談志ネタが鉄板。特に、志の輔が談志の運転手だった頃、スピード違反で捕まってしまい、切符を切られて免停の危機に。それを知った談志が後から「ある」コネを使って揉み消そうとしたがダメだった話。これ、有名な逸話らしい。

 

「元防衛庁長官がスピード違反ひとつモミ消せねぇで国が守れるかっ!」

 

と知り合いの政治家の秘書を怒鳴りつけて電話を切ったというオチ。

 談志の口調が浮かぶね(笑)。

 

その前に借りた「談志の遺言」と「落語の革命家」も素が垣間見えて面白かったな。

しかし、落語を聴いたこと無いのに本ばっか読んでて大丈夫か?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190424093046j:plain

 

ますます落語(寄席)デビューが楽しみになったDogwoodでありました。

 

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

蒲田で「集団左遷!」ブームが?!

6月から、蒲田経由で「あるところ」に電車で通い始めたDogwoodです。

ところで、TBS日曜劇場、福山雅治主演のドラマ「集団左遷!」。第1章の舞台である三友銀行「蒲田支店」のくだりは、本当に蒲田でロケをしていたと今更ながら知ったDogwoodです。中村アン、ちょっと見たかったな。

 だけど、元々が高給取りの銀行員が、出向だの廃店統合くらいで「人生オワタ!」みたいなセリフを吐いていたけどさ(違ったらゴメン)、それならこれまでに工場閉鎖に会社消滅、リストラ、外資買収、そして定年前に2回も早期退職した元会社員(つまりワタシ)は、どうなるのさ?人生何度あっても足りないじゃないかって?確かに。

ドラマの第2章は、同じ銀行の本店の偉い人たちが足の引っ張り合いをする展開に。ヤだね~。あと、取締役なんかが廊下やロビーで前から歩いてくると、皆がザザッと道を開けて深々とお辞儀する、Theニッポンのカイシャ、ありえん。サラリーマン人生の9割以上をスーツ・ネクタイ「以外」の服で過ごしてきたDogwoodにとっては、正直あのドラマには全く感情移入が出来ないのであります。そう言いながら毎週福山ファンの妻と見てますが。 

 

で、蒲田駅の東急プラザにあるお店「東京ひよこ」で見つけたのがこのお菓子。

ちゃっかりしっかり「集団左遷!」との便乗コラボ商品を出してるではないですか。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190611210452j:plain

しかも 片岡支店長の名刺付きで(笑)いいのか?これって。

これだから蒲田って、、好きやねん。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190611210511j:plain

 さて、そんな蒲田では、ドラマさながらの「リアル集団左遷」がブームなようでして。

あの証券大手、野村証券「蒲田支店」も、9月に大森支店へ統合されるのだそう。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190611211114j:plain

野村証券マンの「マジかよ~、もうドラマと一緒じゃん」の嘆きが聞こえてきそうですが、そんなの大森のハローワークでウロウロしてるDogwoodからしたら「ドンマイ、、ぷっ」なのですよ(笑)。蒲田と大森は、たったひと駅だし全然オッケー!

ハローワークでこんなこと? - Dogwoodの池上日記

ちなみに我が池上は蒲田から2駅。 何話か忘れたけど、ドラマの中で廃店候補のひとつに「三友銀行 池上支店」があったのを見逃しませんでしたぜ。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

Kasim Sulton(カシム・サルトン)のこと

今日は完全に自己満ネタなので、スルーして頂いて結構です。毎度申し訳ありません。でもナゼ謝る?

 先月5月22日に、すみだトリフォニーホールで行われた Todd Rundgren(トッド・ラングレン)の日本公演「The Individualist Tour」に行ったことを書きました。あれから2週間以上経った今でも、学生の頃から聴いていたトッドと彼のバンド UTOPIAの曲が、何曲も頭の中でリフレインするほど、27年振りに見た彼のステージに大いに感動したのでした。ただ、自分が書いたコンサート記事を読み返すと、あまりの文章力の乏しさに恥ずかしくなります。それだけならまだしも、「アノ人」のことを書き忘れていたではないですか。なんたる失態!

トッドラングレンの"The Individualist tour" に行って来ました! - Dogwoodの池上日記

ということで、懲りずにまた書くことにします。特に「アノ人」のことを。

「アノ人」とは、40年以上もトッドと音楽活動を共にしてきた盟友、ソロとしても活動中のベーシスト、Kasim Sulton(カシム・サルトン)のこと。ご存知ない方に分かりやすく例えると、天才、鬼才で名高いトッドラングレンを立川談志とするならば、カシムは正統派の弟子、立川志の輔と言った感じか。もっと分かりにくくなったって?失礼しました。

 

Dogwoodよりずっと年上の1955年生まれでありますよ。いよっ、男前!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190610205509j:plain

トッドの曲もさることながら、カシムがリードボーカルを取る曲も大好きで、特に1983年に発売された「Oblivion」というアルバムに収録された「Maybe I could change」という曲にどハマりした時期がありました。こんな曲です。お時間のあるかたはどうぞ。

Utopia - Maybe I Could Change (Audio) - YouTube

 当時付き合っていた年上の彼女と別れ、15社以上受けた会社は全部不採用。オリジナル曲で臨んだバンドのオーデイションも落ちまくり、解散。希望を無くして腐っていた大学4年の夏でした。そんな時にイントロから泣けるピアノと、美しいコーラスが印象的なミディアムテンポの曲に何故か癒されたんです。曲の最後にFade-outする所まで何度レコードを繰り返し聴いたことか。

この曲とKasimのことは2016年9月に書いてました。

今も記憶に残る洋楽ライブ ユートピア編 - Dogwoodの池上日記

 

 (記事抜粋)「日本での知名度はそれ程高く無いように感じるユートピアの魅力は、メンバー全員がソロで歌える技量の高さ、4人編成とは思えない素晴らしい演奏と、洗練された完璧なコーラスにある。Dogwoodは、ベースのKasim Sulton(カシム サルトン)がリードで歌う、「Maybe I could change」 という曲が大好きだった時期があった。来日公演の時、Dogwoodと同じ気持ちの人が会場にいたようで、演奏の合間に「Maybe I could change!」 と何度も絶叫してる人がいた。トッドとカシムが、その度に困った顔をしていたのがすごく印象に残っている。結局、その曲はライブでは演奏してくれなかった、、、残念。」

 

そして、この記事を書いた直後にToddとUTOPIAに詳しいSunHeroさんから、コメントを頂戴したのです。Kasimと矢野顕子が日本で「Maybe I could change」をデュオで歌ったとはまさに鳥肌モノ。ブログを始めて間もない頃に頂いた有り難い情報、嬉しかったなあ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190525135825j:plain

 「エンタメウェブロッジ」を運営しているSunHeroさんからは、それ以降もTodd情報を頂いています。勝手にリンク貼らせて頂きました、申し訳ありません。

エンタメ ウェブロッジ SunHero

 SunHeroさんや音楽評論家の萩原健太氏のように、豊富な感性と文章力で、心に伝わるコンサート記事の一つも書いてみたいものであります。

今回の日本公演でも演奏した「Couldn't I just tell you the way I feel」というDogwoodも大好きな曲ですが、2分30秒あたりから見てみて下さい。19年前の映像ですが、今でも続く彼らの関係が良くわかります(笑)

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村