Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

頂いたカリンでハチミツ漬けを。

 先日、散歩の途中で、近所のお庭でとれたカリンを頂いてきたDogwoodです。カリン酒を作る気満々でいたのですが、お酒を飲まない妻の反対であっさり却下。

 代わりに、風邪防止や喉に良いという「カリンのハチミツ漬け」を作ってみることにしました。もちろんネットでレシピを見ながら。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113152904j:plain

ビン2個と、お茶パックは100均で。蜂蜜と生姜は、スーパーキタムラで購入して用意完了。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113153213j:plain

 先ずは、ビンを熱湯で消毒します。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113153302j:plain

 別の鍋でカリンも1分程煮沸して、水分を良く拭いておきます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113153340j:plain

 皮は剥かず、3-4ミリ幅にカットします。実は意外と固いので、包丁で怪我をしないように。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113153844j:plain

中にある種にも薬効成分が多いそうなので、捨てずに取っておきます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113153930j:plain

 種をお茶パック2つに分けて入れておきます。(種を洗うのを忘れてしまいました)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113155150j:plain

 生姜も薄くスライスして、中身の準備も完了です。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113155250j:plain

 瓶に、カリン>生姜>カリン>生姜と交互に詰めていき、そこへハチミツを注ぎます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113155552j:plain

 種の入ったお茶パックも入れて、栓をして1-2ヶ月経てば出来上がり。

漬けた後のカリンの実も色々と使えるのだとか。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113155759j:plain

ドロっとしたハチミツが、数日でサラっとなったのには、ちょっと驚き。カリンのエキスが出て来たのでしょうか。時々瓶をゆすってやりながら、気長に待ちたいと思います。お庭のカリンをわけて下さった近所のM様に改めて感謝です!

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

池上線全線祭りと、ちょい呑みフェスティバル@池上!

街のポスターに「池上線全線祭り」の文字を見つけて、またまた足が止まりました。

東急電鉄池上線が掲げる「生活名所プロジェクト第2弾」のお知らせ。

来週11月23日と24日の2日間は、池上線のどの駅で降りても、そこにはお祭りの光景があるのだとか。昨年は「池上線フリー乗車」に端を発した「ある事件」で散々な目にあったDogwoodですが、今年は池上線各駅でのイベントに方針転換したようです。これなら、お客さんは各駅に分散するため、あの異常な電車の混雑は解消されるはず。

東急電鉄さん、なかなか考えましたね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113174238j:plain

 詳しくは「池上線全線祭り」で検索を。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113175336j:plain

各駅周辺のイベントが出ていました。池上駅の周辺はこんな感じ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181116125021j:plain

 

時同じく、緑を主体としたこんなチラシを池上本門寺通り商店街のお店で頂きました。見ると23日(金)の祝日は、池上本門寺通り商店街がビュッフェ会場に様変わり。ここは、先月フリーマーケットが行われた通りです。

 

池上でフリマとマルシェと、らんちゅうと? - Dogwoodの池上日記

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113174653j:plain

 その裏面には、早くも5回目となる「池上ちょい呑みフェスティバル」のお知らせが。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113174708j:plain

 ということは、池上駅の周辺では22日(木)の夜から早くもお祭りモード突入!ではないですか。過去4回の池ちょいに全て参戦しているDogwood、今回も100円安くなる前売り券を買って体調整えておかねば。来週の連休は、もう遠出する必要なし。池上線沿線で、池ちょい、池上線全線祭りに、ストリートビュッフェの3大イベントを楽しみましょう!!

 

 

10月9日、池上線フリー乗車券で戸越銀座へ!(番外編) - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

 

天高し、秋の空!

 秋らしくなった高い空を見上げると、一面に広がるこんな雲。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113231512j:plain

 思わず見とれてしまいました。首イテ~。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113231942j:plain

 そのうち朝日も出てきて、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181115150333j:plain

朝の散歩をしている間にも、青空がどんどん押し寄せて、池上本門寺の五重塔の方まで。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113231707j:plain

いつの間にか青空と雲が入れ替わり。 空も空気も秋を感じます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181113232123j:plain

 

おっと、こんな時間。さ、帰って仕事しよ。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

まず~い!もう1杯?はムリだった!

先月買ったヤマカンの青汁。水やGreen Dakaraに溶かして飲んでいましたが、可もなく不可もない普通の青汁の味。そのためか、1週間もすると少々飽きてしまうことに。(個人差があります)

 ちょうどDakaraを切らしてしまったある日のこと、どうせ食物繊維を取るのが目的ならと、冷蔵庫にあった伊藤園の「充実野菜」と混ぜてみることに。これで効果倍増を狙います。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114093933j:plain

 まずは充実野菜をグラスに。これだけでも十分美味しいのですが。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114093950j:plain

 ヤマカンの大麦若葉青汁粉末を一袋投入します。ん?あれれ?えっ、ええー?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114094019j:plain

 外来種の生き物が住んでいそうな?池の色になっちゃった。(後でヤマカンさんのホームページを見ると、粉を先に入れるときれいに混ざると書いてありました)

でも、体に悪いものはどちらにもないはず。グイっと飲んでみます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114094203j:plain

 昔、青汁が出たての頃によく見たこのCMを思い出した。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114115308j:plain

見た目だけの問題だけかと、目をつぶって、もう一口。

うーん、やっぱり不味い!粉のダマと、青臭さが口の中に広がり、「もう一杯!」は無理だ。もうギブ!

欲張ってはイケませんね。やっぱり、今のところDAKARAで割るのが一番かな。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114094241j:plain

でも、この後はどことなく体調が良かったような。元々便秘とは縁がないDogwoodですが、この日は特にドッサリとアレが出た気がします。(お食事中の方、スミマセン)

 

何か他に美味しい青汁の割り方があれば教えて頂きたいものです。

 

軽井沢発の青汁?酵素x水素の青汁って? - Dogwoodの池上日記

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181114094945j:plain


 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

早起きは三文の徳!(得?)

とは良く言ったものです。ある朝散歩の途中の坂道に、何やら箱が置かれているのに気がついて近寄ってみると、なんと中には、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181109214621j:plain

「庭のカリンです 良かったらお持ち下さい」と書かれていました。ご親切に、お持ち帰り用の袋まで。ひとつ手に取ってみると良い匂いがします。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181109213855j:plain

 お言葉に甘えて、4個頂いて行くことに。M様、ありがとうございます!!

家に帰ってネットで調べると、カリンはこの時季に収穫されるバラ科の果実。「金は貸すが借りない」から、借りない ⇒ 借りん ⇒ カリンとも言われてるとか。借金だらけのDogwoodには、耳が痛い禁断?の果実。果肉にはビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニンなどを含み、喉の炎症に効くそうな。あと、生では食べられないそうです。

せっかく頂いたお庭の果実で、いっちょやってみますか。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181109214017j:plain

カリン酒にするか、ハチミツ漬けか、、まずは入れ物の瓶を探しに行ってきます!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181112214403j:plain

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

お山で菊の展示会、11月22日まで!

 今年の菊花賞で馬連をゲットして以降、くすぶり(注)が続いているDogwoodです。

そんな中、お山で菊花展が行われていたので、散歩の途中に寄ってみました。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202457j:plain

 場所は大堂に向かって右側の簾で囲われた会場。すぐ見つかります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202534j:plain

 入場は無料で、今月22日までの展示会のお知らせ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202553j:plain

 小屋の中には、様々な菊の花がずらりと並んでいました。砂利の上に敷かれた板の上を歩いて一周してみます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202612j:plain

菊の花と言うと、どうしてもお葬式や、お墓参りの花を連想しがちですが、 これだけ並ぶと、花の大きさや色の多彩さ、種類の多さに圧倒されます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202648j:plain

 詳しくは知りませんが、ここまで育てるのには、相当な手間がかかっているものと思います。近寄って見ると、作者の名前が一鉢ごとにあって、さらに一際目立つのが、与えられた賞の数々。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202656j:plain

 こちらは東京都知事賞。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202744j:plain

大田区議会議長賞。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202756j:plain

 農林水産大臣賞に、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181112213831j:plain

 文部科学大臣賞。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202922j:plain

 地元大田区の衆議院議員さんも。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111202807j:plain

 

ふと思ったんですがね、

政治家の賞、ドンだけあんねん?(笑)

 

くすぶり続きで、イジケ気味のDogwood 、どうせ秘書か誰かが「はい、これね、後援者の知り合いだから総理大臣賞ね。こっちにもxx賞を出しといて!」って写真を見ながら指揮してんじゃないの~?って思っちゃった。違ってたらスミマセン。

もちろん名誉な事ですから、賞を貰った方は嬉しいに違いありません。おめでとうございます。だけど花って、ナンバーワンにならなくてもいい、元々特別なオンリーワン♫ ではなかったっけ?まぁどうでも良いけど。

 

あっ、あれは花屋の店先に並んだ色んな花でしたね、、失礼しました。

 

 22日まで開催の菊花、じゃなかった菊花展、池上本門寺にお越しの方は是非!

 

(注)くすぶりとは、馬券が全くかすりもしない事が続くこと。Dogwood も大井競馬場で時々耳にします。

 

平成最後の菊花賞!結果は? - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

荒川ケンタウロス starry night flight Vol.2 行ってきました!

昨年に引き続き、今年も荒川ケンタウロスのプラネタリウムライブを観るために、西東京市にある多摩六都科学館へ行ってきました。

 池上から30km弱の距離ながら、環八、青梅街道ともに大渋滞にハマってしまい、2時間半かけて開演約20分前に到着。一瞬焦ったけど、早めに家を出て良かった~。

1年ぶりのプラネタリウムは、このドーム状の建物。1年が経つのは早いものです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111001147j:plain

入り口は、ドーム底の地下1階にあります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111001323j:plain

ギネスに認定された世界一のプラネタリウムは、「Do! サイエンス!」 が合言葉なんだとか。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111004258j:plain

そんな格別の場所で、2年連続ライブをやる荒ケンは、やっぱりただ者ではありませんぜ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111001615j:plain

 今回は、1回目と2回目の通し券を発売直後に2枚、前売りで買っていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111002323j:plain

昨年の同じライブは1回目だけで、しかも座席は後ろから3列目。全体が良く見えて良かったけれど、見えるのは大体この大きさ。ちっさ~。244席と、キャパはさほど大きくないのに、ちょっと後ろに行くと、ステージがとても遠く感じたのはなぜだろう。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111001702j:plain

でも今回は、こんなに近くで。メンバーの表情も良く見えました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111001928j:plain

当然ですが、演奏中は撮影禁止なので、ここまで。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111002239j:plain

あっ、ちなみに上と同じTシャツを着て行きました(笑)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111135025j:plain

1回目が「夕の部」、2回目は「夜の部」で、それぞれ約1時間のステージ。

当初は、通し券7000円は少々高いかな~?とも思ったDogwoodでしたが、ライブが始まって早々に、そう思った自分を恥じました。昨年のプラネタリウムライブも含め、今まで10回以上荒川ケンタウロスのライブを観てきましたが、音響のバランスがこれまでで一番良かったのではないでしょうか(個人の感想です)。

歌と演奏の実力が高いのは知っていたけれど、ボーカルと楽器の音量、音質、バランスすべてがパーフェクト。ライブハウスとは違って、ステージにはアンプやPAやスピーカーもないし、楽器もアコースティックライブ用の軽目のセッティング。なのに、聴こえてくる音は、いつもCDで聴いてる音と同じ(またはそれ以上の迫力ある)クオリティ。

リクライニングシートのゆったり感もあって、お値段以上の癒しを、上質な音楽と映像で堪能できた2時間でした。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111002427j:plain

 予告通り、来年リリースする予定の新曲を2曲披露してくれたし、昨年に比べて映像と曲が絶妙にマッチしていたのも素晴らしかった。MCでも紹介していたけれど、多摩六都科学館の世界一の投影機だけでなく、音響設備や技術も相当高いレベルだと思いました。

終ったばかりで恐縮だけど、来年も是非やってほしいと節に願うDogwoodでありました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20181111133345j:plain

 

荒川ケンタウロス Live at 多摩六都科学館(プラネタリウム) - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村