Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

第17回 池上祭は8月25日!

 すみません、今日はローカルネタを手短に。

第17回「池上祭」は今週の日曜日です。池上会館前の野外ステージには、今年も原田真二さん、大田区ご当地バンドの、ノットフリーが出演します。

他にもイベントが盛りだくさん。アジア各国の屋台もおススメです。今年はビール片手に会場周辺を徘徊したいと思います、

 それでは、明日池上で会いましょう!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190823192838j:plain

タイムテーブルなど、詳しくはWEBで、じゃないホームページで!

第17回池上まつりを開催します! 大田区

池上地区まちおこしの会|池上祭|池上まつり|大田区


1年って早いですね!

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

やっぱりアレはアレだった?

1か月前、アマゾンで購入した 「ハニカム構造による衝撃・圧力分散」「生卵を置いて座っても割れない」がウリ文句のゲルクッション。

「ブルーマジック」の類似品「エッグシッター」の、さらにピーコ品(?)、2000円台の品を購入したのでした。(ホンモノは定価1万円以上します)

始めのうちは、イイ感じに使えてたのですが、、、当然、卵は試していません。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190817141004j:plain

 徐々に変形し始めまして、座るたびに「あれ?」となるように。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190817141020j:plain

 1か月でこんなになっちゃった。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190817141041j:plain

 まぁ、予想していたことではありました。2000円だし。とりあえず、まだ使えます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190820110407j:plain

 

 ホンモノ買っちゃおうかな。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

退職代行サービスってあり?なし?

ここ最近「退職代行」と呼ばれる、社員本人に代わって会社に退職の意思を伝え、退職手続きを代行してくれるサービスが急速に増えているのだそう。特にGWや、お盆休みなどの長期連休の後に、会社を辞めたい人からの依頼が急増するのだとか。

なるほどね!一言で感想を言うならば、そんな感じ。個人的には退職代行サービスは「使いたくない派」ではあるものの、利用する人の心情はわかる気がします。どうせ辞めちゃうんだし、以降の付き合いも無くなるのだから、余計な労力はかけたくないぜ!(しかも費用は5万円位だし)。くらいの感覚なんだと思います、特にイマどきの人は。

逆に「引継ぎガー」とか「人としてどうなのよ?」という否定派の人は、ジョーシキ人ではあるけれど「会社(にずっと残る)側」の考え方だと思う(個人の見解です)。会社を辞める(辞めたい)理由は、人それぞれだし、そもそも円満退職した人なんて、30年以上のリーマン人生で、あまり見たことがない。あっ、定年退職した人は除きますよ。だって、皆さん幸せそうな顔で、花束抱えて、クッソ長~い挨拶をして、定年後の連絡先を書いた紙とお菓子を1人1人に配って去って行かれましたもん。

まぁ、そんな自分は定年になる年齢を前に、既に2回の早期退職をしているので、エラそうなことは言えません。それでも2社目の外資系企業で10年近く管理職を経験したので、若い社員が申し訳なさそうに「退職願」を持ってくる姿も見てきたし、景気が悪い時には(上からの命令で)年上の部下にリストラ宣告をしたこともあったっけ。

総じて言えるのは「立つ鳥跡を濁さず」なんてことわざを実践して辞めてった人は、ほとんどいなかったし、最後の方はそんなこと期待すらしなくなっていた。これ「外資系あるある」かもしれません。

だって自分の意思で辞めるヒトっていうのは、その会社(の人や、仕事、給料、勤務形態など)に何かしらの不満を持っていたからというのが大多数のはず。あとは次の就職先が決まってる人。そんな人に「丁寧な引き継ぎ」やら「心のこもった退職の挨拶」なんて期待する方がオカシイではないですか。(もちろん個人の雑な見解です)

上から「(有望な社員だから)説得して思い留まらせるように」なんて頼まれたこともあったけど、自分は「去る者追わず」だったので、全て断っていたっけ。競合他社に行かれて、後で人事から呼び出されたこともありました。

話がそれたけど、退職代行サービスを使う人(使った人)には、決して「後ろめたい気持ち」にならないでほしいと思う。辞めた先まで引きずるのは損だから。また、仮に勇気を出して退職願を直接出したところで、フツーの会社なら殴られたり、ましてや殺されるなんてことは絶対ないですから(笑)。

逆に「アイツ(上司)の反応を楽しんでやるぜ」位の気持ちで渡しても良いかと。フツーの上司なら「チッ、しょうがねーな」と思いながらも、粛々と対応してくれると思いますよ。所詮はサラリーマンですから。

 

ところで、「就職代行サービス」っていうのはないのかな?

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190822114613j:plain

 

あるワケねーだろって? ですよね~、明日ハロワ行ってこよっうと。

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

蒲田東口「イタリアン サルヴァトーレ クオモ」

突然、妻が「美味しいイタリアンが食べたい!」と言い出したのでありました。

以前、職場の人と行った大井町のイタリアンが、とても美味しかったのだと。店名は「サルなんちゃらしか覚えていない」という。「サル?猿?」ネットで「サル  大井町イタリアン」でググると、「バル・ザル」と「サルヴァトーレクオモ」の2店がヒットするものの、どちらも自信がないという始末。

Dogwoodが「美味しいイタリアンなら、池上のトラットリア・ロッソーレがあるよ」と言っても、「食後に蒲田の天然鯛焼きも食べたい!」と。ならばと「サル  蒲田イタリアン」で検索すると「サルヴァトーレ 蒲田店」が出てきました。評判も上々。

ということで、蒲田駅東口から徒歩3分「サルヴァトーレ クオモ」に決定。

お店の場所は「相鉄フレッサイン」の1階。ん?なぜ蒲田に相鉄?実は、昨年末に早期退職した会社は相鉄線、湘南台が最寄駅。緊急の顧客トラブルで帰宅できず、何度も湘南台の相鉄フレッサインに泊まったDogwood、この緑色の看板を見るたびに、嫌な思いがフラッシュバックするのでありました。なので「うわ~、食欲落ちるな~」がお店の第一印象。そんなこと知る由も無い妻は、さっさと店内へ入っていきました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808122042j:plain

意外と広く、ゆったりとした店内では、若いイケメン店員さんがテキパキと動き回っていました。店員さん間はイタリア語(たぶんね)で「新規2名様ご来店!お冷ヨロシクぅ!(たぶんね)」なんて会話をしているところが、ここが蒲田であることも、ビジネスホテルの1階であることも忘れてしまうシャレオツな雰囲気。一気にテンションがV字回復したDogwood、瀬戸内レモンサワーと自家製ピクルス、お通しの自家製生ハムでスタート。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808122152j:plain

 ナスとズッキーニの熱々のフリッターは、薄くスライスしたチーズがかかっているので、そのままでも程良い塩味。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808122326j:plain

タコのカルパッチョ仕立てもサワーに良く合いました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190811161353j:plain

メインは、ナポリの世界コンペティション最優秀賞を獲ったというDOC(ドック)というピザ、いやピッザと、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808125302j:plain

 濃厚チーズの特製カルボナーラを2人でシェアして頂きました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808122500j:plain

イタリアに行った事が無いので、「さすが本場の味でした!」というコメントは出来ません。でも、気取らずにどれも美味しく食べられたのは、まさにヴォーノ!でしたぜ。

両側のテーブルで赤ちゃんや幼児が泣いて騒いだりしても、そこは蒲田。気にしない気にしない。BGMのカンツォーネとも程よくマッチしてました(笑)。

最初のネガティブなイメージ(個人的にね)を一瞬で、いや一品で払拭してくれた、蒲田のイタリアン「サルヴァトーレ クオモ」、Dogwoodのリピートリストに追加しました。平日ランチは1080円で食べ放題も。この味と値段で、テイクアウトやデリバリーもあるというのは、かなりお得かもしれません。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808125657j:plain

 もちろんデザートは、駅前の天然鯛焼きを食べながら帰りましたとさ。

ご馳走様でした!

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

池上駅のいま(2019年8月時点)

今から2年前、駅ビル工事開始直前の池上駅をバス通りの踏切から撮っていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808120556j:plain

そして現在の様子がこちら。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808120535j:plain

3か月前には無かった、駅ビル1階(2階?)部分の骨組みが出来ていました。

 ここしばらく利用していなかった池上線、久しぶりに見た池上駅は大きく変わっていました。

 

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808120516j:plain

 構内踏切から見た五反田方面。木製の屋根は辛うじて残っていましたが、ホームから空が見えない違和感に驚き。昼間でもこんなに暗いのかと。それよりも熱気がこもって暑かったな~。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190813095652j:plain

 以前のような解放感や素朴な雰囲気は無くなってしまったけど、1日3万人以上の乗降客があるという池上駅の発展には仕方がないことかと。賛否両論あるようですが。

下の2枚は、2017年8月に五反田行きホームから見た、在りし日の池上駅。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190820153535j:plain

 って、まだあるけど、駅ビル完成と共に廃止される駅構内踏切も。都内では珍しいのだそう。タモリがTVで言ってました。ご参考まで。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190820154924j:plain

 

駅ビルの完成までには、まだ当分時間がかかりそうです。

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村

逃げも隠れもしないって?

今日の各局ワイドショーは、高速道路での煽り運転&殴打で逮捕された男と、犯人隠避の女の話題で持ち切り。殺人事件でもないのに、国家公安委員長が発言したり、捕まった時にはNHKでニュース速報が流れるわで、日本中のお茶の間に、若者の車離れが一段と進むこと間違いなしのショッキングな映像が溢れていました。

顔のボカシが取れたこの映像、怖すぎっ。この後の右ストレート5連発を見て、亀〇三兄弟の親父さんかと思った。いや、ボクシング経験者は素人に絶対手を出さないぜ。史郎さんゴメンナサイ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190819152721j:plain

ワイドショー的には、このうえないビジュアルと美味しすぎる不条理の連続。

本来ならば「高級外車で煽り運転を繰り返した43歳の男が捕まった」という、夕刊フジか東スポで1行程度の記事だったはず。それがこんな大騒ぎになったのは、

1. ドラレコの映像がいくつもあった。

2. 試乗車で20日間以上、日本中を走りまわっていた。

3. 男は進学校を出て大卒、金持ちのボンボンだった。

4. 携帯で殴る様子を撮る女がいた。

 といったところだろうか。他にも飲食店で4時間以上クレームしたという店主の証言もあったっけ。でも、Dogwoodはそれよりもこの2人が捕まった時に言い放ったこの言葉に度肝を抜かれました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190819144931j:plain

 逃げも隠れもしない、、

って、その恰好で言うか?逃げる気、隠れる気満々じゃん。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190819144948j:plain

 「相手があおってきた」とか言ってるようだけど、こうして高速道路上で車を止めて、いきり立って降りてくる姿を見て、誰が信じるだろうか。

 あの東名高速での煽り運転死亡事故ニュースを見て、残された幼い姉妹の悲しむ姿を見て、このいい年こいた男と女は何とも思わなかったのか。

もうね、こんなのばっかり見せられたオジサン(またはオバサン)世代として、お金は無いけどまっとうに暮らしたい人間として、あり得ない事ばかり。脱力しきりのDogwood、最後にこれだけ言わせて下さい。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190819152502j:plain

 

アンタらのそのエネルギーをさ、もっと違うことに使おうよ。

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

Slow LIVE'19 vs 7年前のチラシ対決!

昨日は失礼しました。本日から通常モードに切り替えていきます。

池上本門寺横の桜広場で毎年3日間行われる「Slow Live  in 池上本門寺」が近づいてきました。今年のライブのチラシ(フライヤーとも呼ぶそうな)を見ると、3日間とも豪華な出演者ばかり。老舗プロモーター「ホットスタッフプロモーション」が主催する「大人のミニフェス」は、お山と地域商店会の協力のもと、2004年から始まった地元の音楽イベントとして定着してきたように思います。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190807120438j:plain

Dogwoodが初参戦したのは2008年8月23日、スローライブの2日目でした。理由は、BAHO(Char&石田長生)、元ちとせ、ジェイク・シマブクロを直接見たかったから。会場で「イキイキ推進委員会」の早水日秀さんと立ち話をさせて頂いたのも良い思い出。この時のBAHO(馬鹿と阿保で馬保)は、アコースティックセットでしたが、定番のベンチャーズメドレーも大いにウケて、最後は総立ち、最高に盛り上がった記憶があります。あれから7年後の2015年7月に、石田長生が病気で他界し、その直後の9月にスローライブに登場したCharが、石田の名曲「Hapiness」をアンコールで演奏して、観客との掛け合いで「石田長生にHapiness!」と歌ったのには泣けましたね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190818105520j:plain

ところで引き出しの整理をしていたら、2012年のスローライブのチラシが出てきました。

当時は気が付かなかったけど、3日間とも豪華なメンバーばかり。特に初日は、チラシが出来た時点で既にSOLD OUT。後にも先にも、こんなに早くチケットが売り切れるのは初めてのことかと。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190807115830j:plain

 改めて見ると、1日目はスガシカオと星野源という、今だったらスゴいキャスティング。当日はスガシカオ目的で来た人の方が多かったのでは。この年の12月に星野源は、くも膜下出血で活動を休止したんじゃなかったっけ。Dogwood は、2日目のチャーを目当てにチケットを買いましたが、この年に初めて見た大橋トリオの独特の世界観に衝撃を受けたものでした。

チラシの裏面も情報が満載でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190807120157j:plain

 2017年以降、チャーがスローライブに出演していないのは残念だけど、今年は既に2回ライブを観ているので、よしとしようか。

個人的には荒川ケンタウロスやThe Whoops、ナードマグネット、あと地元のノットフリーのような実力派ロックバンドにスローライブに出て欲しいと願うDogwoodでありました。

それでは、今年もこの会場でお会いましょう!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190808205051j:plain

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村