Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

田中聖二さんのこと

今日は日曜日だからといって、ビューティフル・サンデーのお兄さんの話ではありません(あちらは田中星児さん!)、元第29代日本スーパーフライ級王者、田中聖二選手のことを。

といっても、つい最近までは「そんな選手いたっけ?」程度だったのです。もとをただせば、先週のある日、元WBA世界スーパーフライ級王者 名城信男選手の特集動画を見たのが始まり。そのユーチューブがこちら。「名城信男 世界チャンピオンへの道のり」。再現ドラマを交えて、名城選手が世界王者につくまでを追ったドキュメンタリー。

先の田中聖二選手は、名城選手と同じ大阪市内のジムで合同練習をする仲で、名城が悩んでいた時にアドバイスをしたことも。それが2005年4月3日、田中が持つ日本タイトルに名城が臨むという、運命の巡り合わせが。田中も、これが初防衛戦であり、しかもその年の1月に結婚したばかり。どちらも負けられない試合だったのです。

田中聖二 - Wikipedia

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205041j:plain

予想通りの激しい打ち合いの末、最終10ラウンドにレフェリーが試合を止めて名城が勝利。番組では、その時の試合写真が紹介されていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205102j:plain
f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205115j:plain

試合終了後、田中は名城に「やっぱり強かったよ」と言い、お互いに握手し健闘を称えあった。田中はそのまま自分の足で歩き控え室まで戻ったが、その後、意識を失い緊急入院。搬送先の病院で急性硬膜下血腫と診断され、開頭手術を受けるも、意識を取り戻すことなく2005年4月15日に死亡してしまう。新王者になった名城選手は、田中の死のショックでボクシングが怖くなり、1か月間自宅に引きこもってしまう。(リアル「あしたのジョー」のよう)

しかし、ある日、田中選手の父親から励まされて立ち直り、苦難を乗り越えて世界王座についたという、感動の実話でありました。

 

ふーん、ええ話やないかい、、って、、

 

ん?そういえば、、

 

もしや!あの時のアレか?

 

ビンゴ!

 

15年前、たまたま買ったボクシングマガジン2005年6月号の中に、その当時「なんで?」と思った記事があったのを、急に思い出したのでありました。

見開き2ページに「安らかに眠れ」のタイトルと、ベルトを肩にかけた写真。田中選手の追悼記事を、当時は全く気にも止めていなかったのに、何故か不思議と心に残っていたんですね。探しましたぜ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205235j:plain

それがこれ。ボクシングは、ごくたまに不幸なリング禍が起きる競技。日本タイトル戦で、しかも試合後に王者が亡くなるというショッキングな出来事。それでも、世界王者ならまだしも、初防衛に失敗した日本人選手の記事にしては、異例の扱いに見えたのかもしれません。

でも15年ぶりに読み返して納得しました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205312j:plain

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205414j:plain

それは、生前の田中聖二と親交のあった記者が書いた追悼記事。写真もその記者が撮ったもので、記者と選手の関係や思い入れが、ひしひしと伝わる内容でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205351j:plain

日本王者になる前の田中選手に、「君が勝てないのには、何かが足りないのではないか、、」と厳しいことを言ったのを悔やんでいた記者。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20200530205443j:plain

田中選手に向けた最後の7、8行が、今更ながら心に染みるものでした。

以下、まま転記。

 「チャンピオン、どうかあの日の高言を許してください。田中聖二。

どうか安らかに眠ってください。

祭壇の遺影はプライベートなものでした。「カレーライスが好きなんです」たったそれだけの話を、田中はずいぶんと照れながら話してくれたものです。

28歳の青年の死に対して、心より哀悼の意を表します。さようなら、田中聖二。」

 

 生きていれば、今43歳か。世界王者になった名城選手の影に、こんな壮絶な人生ドラマがあったのを、今さらながら知ったDogwood でありました。

元日本スーパーフライ級チャンピオン、田中聖二さんに合掌。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村