Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

要注意!「りんごを送ったから」は、詐欺電話の始まりだった!(その1)

金曜日(1/17) の夕方、Dogwoodが出かけている間に、妻が取った1本の電話が事件の始まりでした。ここからちょっと長くなりますが、ご容赦下さい。

 

電話の声:「あっ、俺だけど、ゴホゴホ(咳き込む)。長野のリンゴをもらったんで、そっちにも少し送ったからさ。(ゴホゴホ)明日宅急便で届くから、また電話するよ。」

妻:「あら、そうなの? ○○(次男の名前、先に言っちゃった!)、風邪ひいたの?で、りんごは誰にもらったの?」

電話の声:「うん、喉をやられてね(ゴホゴホ)。りんごはお世話になった人から、たくさんもらったんだよ(ゴホゴホ)、明日は家にいるよね?(ゴホゴホ)」。

 

次男がお世話になってる人はたくさんいるし、妻が忙しい時の電話だったので、ついつい本人だと思い込んだ妻、「アタシ明日は仕事でいないから、家にいるパパ(= Dogwood)に言っておくね」ということで電話を切ったのだそう。

 

その日の夜、妻から話を聞いたDogwood、「(次男がリンゴを送るなんて)珍しいじゃん。じゃあ、明日リンゴを受け取ればいいわけね。明日の午後は俺も出かけるけど(ハロワの説明会にね)、それまでに届くといいね~」なんて、呑気な会話をしていました。

 

ん?でも、ちょっと待てよ。

 

みかんを親に送り付けてお金を奪う詐欺の話を聞いたことがあったっけ。

念のため「みかん、詐欺」で検索すると、一発でヒットしたのがこの記事。

葛飾区の高齢夫婦にかかってきたという、息子を名乗る電話。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20190118213315j:plain

 

おいおい、マジかよ?

嫌な予感しかしねえ。でも、なんでうちなのさ?高齢夫婦か?

「みかん」が「りんご」に変わっただけでないかい?そしてこれは予兆で、2度目の電話があるという。

 

妻があわてて次男にラインを送ると、直ぐに返信がきました。

 

「りんごって何?」「俺、知らねーし」だって。

 

カカーン!こ、これ詐欺電話?

もう間違いねーし。でも、なんでうちなのさ。まだ高齢夫婦じゃなくね?

 

もしまた明日掛かってきたら、人生2度目のハロワじゃない、詐欺電話だ!前回は忙しかったこともあって、すぐ終わらせてしまったけど、今は無色、いや無職で金はないけど時間はある。どうしたものかと考えていたDogwoodでした

 

次回へ続きます。

 

翌日、ホントにあの「りんご男」から電話が掛かってくるとは、、、

 

オレオレ詐欺にご用心! - Dogwoodの池上日記

オレオレ詐欺とセールス電話の対応 - Dogwoodの池上日記

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。


にほんブログ村