Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

本門寺公園の松の木が!

 史上初?のお会式小説「お会式の夜に(黒野伸一著)」に、度々登場する「本門寺公園の松の木」。たくさんあり過ぎて、どれを指すのか全く分からないDogwoodです。

 そんな先週のある日、本門寺公園の入口付近に、五重塔よりも高いクレーンが見えました。公園を管理する造園会社の職人さん数人が作業中の様子。クレーンの先に目をやると、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129234847j:plain

おお、人がいる!命綱付けてる?ちなみに五重塔の高さは、31.8メートルあります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235305j:plain

 どうやってあそこまで登ったのかな。木登りが得意だったのかしら。ゾワゾワしながら見ていると、、のこぎりで枝を切っている。大きな声で合図を送った直後、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235205j:plain

 おおっ、吊り上げた!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235004j:plain

 その後も、切っては下ろしてを繰り返していたようですが、雨が降ってきたので退散。伸び過ぎた枝を切っていたのかな。この辺、カラスが群れてるからなぁ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235048j:plain

 翌日、同じ場所に行ってみると、昨日いたクレーンは見えず。って言うか景色が変わってるような。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129234847j:plain
f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235400j:plain

法養寺さん側からの眺めがこのように。そう、間違い探しの答えはクレーンと松の木でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235400j:plain

 今朝、公園の入口へ行ってみると、

直径1m以上はある切り株だけが残されていました。その奥には代わりのミニ松?が。枝を切っただけじゃなかったのね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235603j:plain

こちらは2年前に撮った同じ場所。松の木の右には、佐伯栄養学校の創立者、佐伯矩(ただす)博士のお墓があります。当時から、このお墓が常にカラスの糞で汚れていまして。松の木の上に止ったカラスたちが、容赦なく爆弾を投下しまくっていたのです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235706j:plain

 台風の後には、こんな枝が落ちていたことも。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191129235640j:plain

 松の木自体には何の罪もないんだけどね、カラスがね、、なにせ多過ぎるのよ。

 最近、お山にこんな新しい立て札が出来たけれど「微妙な」場所に1個だけ。もっと増やして欲しいと思ったけれど、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20191130131311j:plain

 まぁ、こんな看板は無いにこしたことないのが当たり前な訳で。でも、残念なことにカラスにエサをやる人が本当に多いんですよ。

お山はカラス天国の無法地帯? - Dogwoodの池上日記

あの松の木が伐採された日、カラスにゴミを荒らされて、そんなことを思ったDogwoodでありました。

本門寺公園の入り口(五重塔裏側)にあったもの、、、 - Dogwoodの池上日記

 

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村